クレジットカードの残債は銀行のローンに一本化をおすすめ

クレジットカード一本化について

クレジットカードは、ポイントも付きますし、一回払いなら金利手数料無用というものがほとんどですから、上手に使えば大変オトクで便利であることは間違いありません。

しかし、使い慣れてきてしまうとついつい一回払いのつもりが、あとからリボ払いに変更できたりしますし、ちょっとお金が足りない時にもいつもの使い慣れているカードで審査不要でキャッシングができてしまうため、気が付くとカード利用額がものすごい金額になっていることもあります。

そして、それが複数枚のカード利用であった場合には、毎月の返済が厳しいというほどの金額にすぐなってしまうこともあるでしょう。

しかし、そのように単に返済金額が高額というだけではなく、実はクレジットカードは金利がたいへん高いことも問題なのです。

最近テレビでよく宣伝をしているRのつく会社のカードですと、買い物のリボ払いで実質年利15.0%、キャッシングは実質年率18.0%です。

たとえば、リボ払いで100万円のカード限度額いっぱいになっており、今後はそのカードで買物はせずに返済だけしていくとして毎月2万円ずつ返済していくとすると、返済が終わるのは約8年後で、利息だけで約58万円も支払うことになってしまうのです。

で、実際には殆どの方がある程度返すと、またカードを使ってしまうのでリボ払いはハマってしまうと抜けられれない底なし沼のようなのです。

さらに、実質年率18%のキャッシングをリボ払いなどにしてしまって、ちょいちょい借りていた日にはほんとにほとんど利息だけ返していて元本は全く減っていかないというような状態になってしまいます。

そういう方が行き着く先は、債務整理か自己破産ということになってしまうのです。

ですから、できるだけ早くクレジットカードの複数利用から脱却するためにも、銀行など金利が低いローンへの一本化をオススメいたします。

最初は、枠も50万円程度と少なく金利も14?15%程度とそれほどクレジットカードと変わりませんが、利用してきちんと返済をしていればすぐに融資枠の増額や金利の引き下げなどの見直しがされますので、あせらずにすこしずつ銀行系ローンへ借り換えを進めていきましょう。

必ず、あなたを救うことになると思います。めんどくさがらず、ぜひ借り入れの一本化を目指しましょう。

コメント